2007年09月03日

そして母の顔に…。

最近、20代の頃のことを思い出す。


きっかけは近所のお友達(と言っても既に一児の母で私より5~6歳若い)に
『mikiさんメークの仕方を教えて下さい』
って言われて教えてあげた事。

あ、私昔ヘアメークの勉強したんです(-"-;A ...モノにならなかったけどぉ。


子供を通じて知り合ったママ友がみんな若くて可愛いくて、お洒落に目覚めたいみたいな事だったんだけど…。(オイオイ、あなたより若いママ友ばかりなの?来年私はどうなるの?)

そんな話を聞きながら昔の自分を思い出す。



女に生まれたなら一度や二度、無性に女に目覚める時がある。
どうしたら、綺麗になれる?
どうしたら、男の子にモテるようになれる?
どうしたら、テレビや雑誌のタレントやモデルのように輝ける?


そして、徹底的に落ち込んだりもする。
私なんて駄目だわ。
ブスだわ。
モテないわ。
一生一人なんだわ。


私も20代随分彷徨い悩んだものだ。
20代の殆どを過ごした東京という街はどうにもこうにも美しく、キラキラと輝いている女の子が多い。
その中に、ポンっと放り込まれると、自分がどうしようもなく惨めでみすぼらしく思えて、落ち込んだ。


今思えば、容姿じゃない、薄っぺらな自分にただただ自信が無かっただけの事に思える。


昔の自分を思い出しながら
『お化粧をね、教えるのは簡単なのよ。でもね、毎日私がしてあげる訳にはいかないし、今日綺麗に出来てもこれから毎日同じように出来るとは限らない。自分で常に意識してなりたい自分に向かって行くしかないんだよ。それにね、顔はね内面が変わると驚くほど変わるから。まずは自分に自信を持つようにね。』

彼女にそんな事を言ってしまった。


お化粧とは経験だと思う。
ひたすら鏡とにらめっこして、自分に合う色合うラインの太さを見つけて行く。
ゴテゴテに塗りたくる時も必要。
そこから引き算していけるようになると自分の顔が出来上がって行く。


でも、その引き算が出来るようになるには自分に自信が生まれないと出来ない。
何故って、それは素顔に少し近づくから。

沢山の経験を経て自分が何者か解って来ると不思議と自信が付いてくる。
それはある時いきなりやって来る。
自分でも、私綺麗になった?
って解る時が来る。



彼氏が居なければ不安で不安で仕方が無かった20代。
何故って?
『好きだよ』って言ってくれる人が居て初めて自分に価値があるように思えるから。
存在を認められる気がするから。

彼が居なければ、空っぽの自分。
誰かに埋めてもらわないと、しぼんでしまう。

しぼんでしまわないように、とにかく尖がって突っ張って生きて行く。
もがいて、もがいて、苦しんで苦しんで、のた打ち回って…。


どうしようもなく不安定だったなぁ~。あの頃。


いくつかの恋をしてちょっとづつ自信を付けて、がむしゃらに働いてちょっと認められるようになって。
少し余裕が生まれて、自分と向き合えるようになって、
あ~、私無理してるじゃん。
こんなの本当は好きじゃないじゃん。
って言うか、こんな事が好きなんだ。
この色が似合うんだ。


『自信』とは自分を信じる事。
つまり、自分が何者かわかる事。


私ってこんな人間なのね。
それが解って、そんな自分を愛おしく思えたら、
余分な力が抜けて、引き算のメイクが出来る。
そして、自信のある『女の顔』になっている。



そんな顔になれたのが30歳になってからだった。
そして、そんなちょっと中身の詰まった私、ちゃんと自分の足で立っている私になれた時に出会えたのがパパだった。
今までの彼とは全く違うタイプのパパは…更なる安心感を私にくれる人。(ってたまにはノロケておこう)


先日久々に会った友達には『miki綺麗になったね。』と言ってもらえた。
表情が柔らかくなったと。


うふふ。ちょっと今の自分を好きだからね。
それに妊娠してちょっと『母の顔』になっているのかもしれない。
これからどんどん変わって行くんだろうな~。私の顔。


もう直ぐ『母親』と言う新しい自分に出会える。
どんな自分なのかしら?
想像以上に向いているかしら?
それとも全く向いていないかしら?


子供がいて初めてなれる『親』と言う自分。
どんなに勝手になりたくたって、
一人ではどんなに努力したってなれない。
それが『親』

私を親にしてくれてありがとね。


まずは『母の顔』に。
でもまだまだ『女の顔』も捨てないわよ。


歳をとるという事は、経験を重ねる事だと解る今。
それは新しい自分との出会いで、それにちょっとワクワクする。



命一杯背伸びして、尖がってた時期を少し抜け出して引き算メイクがちょっと出来る様になった頃の私(* ̄m ̄)プッ

まだまだ無理してるし、若いわ~~。今は…もうちょっと優しい顔つきよ♪


同じカテゴリー(マタニティーライフ)の記事画像
マタニティーライフ
パパは辛いよ(-
友達
ストレス…
名古屋デート
母親休業
同じカテゴリー(マタニティーライフ)の記事
 マタニティーライフ (2007-10-14 23:26)
 パパは辛いよ(-"-;A ... (2007-10-08 19:08)
 友達 (2007-10-07 22:01)
 頑固ちゃん (2007-10-04 19:59)
 気持ちの整理をしたくて (2007-10-02 18:59)
 ストレス… (2007-09-21 22:49)

この記事へのコメント
引き算メークかァ、いい表現ですね。
素敵な写真&パパちゃんオノロケ好きです。

母の顔、ほんと、不思議ですけど、子どもを産んで母の顔になるんですよね・・・・・
産後太りというわけではないのですが、まさに丸くなる・包容力が出てくるのでしょうか?母性ですね。

そうそう、私産前休暇は、8週間、産後休暇も8週間でした。だから、予定日より遅く産んだ方が得なんだな。でも、育休は二人とも一年間取りました。
Posted by ゴン at 2007年09月03日 11:05
メイクはしませんが、これ、男性にも、当てはまりますよ!
そのとおりだ!と、読んでいて思いました。

パハ゜の顔になっていない気がしますが、パパにしてくれて、サンキュー!
と、今夜、帰ったら、チビ助に言おっと!
Posted by 助さん at 2007年09月03日 12:49
☆ゴンさん

引き算メークとは雑誌の受け売りなんですが゛(6 ̄  ̄)ポリポリ
あくまで、諦めのスッピンとは違います。
自信があるから隠さなくて済む。
そんな意味で使いました。

産前産後8週間づつとはΣ(゚д゚|||)
大変ですね。
私なんで専業主婦ですから、ゴンさんから比べたら楽々、お気楽妊婦ですね。




☆助さん

おチビちゃんに『サンキュー』って言いましたか?

そうか、男の人も同じなんですね。
若い頃はみんな自信が無いからもがいて、だから青春なのかなぁ~~。

『親』に成るに当たり、『親にしてくれてありがとう』この気持ちはいつまでも持ち続けたいです。
Posted by miki at 2007年09月03日 21:58
親になったらまた顔が変わってきますよ☆
たぶん今以上に柔和な顔になるでしょうね(^▽^)

それにしてもmikiさん美人だ!!
Posted by Hide at 2007年09月03日 22:38
☆Hideさん

どんどん変わっていくんでしょうね。
どんな顔になるのかな~~。

美人ですか?
(* ̄m ̄)プッ ありがとうございます。
でも、今とは全然違う顔な気がします。

アッ…でも父親そっくりな顔だな~~。私って。
Posted by miki at 2007年09月04日 11:40
キレイですよねぇ~(♡→∀←)ノ
私はメイクはうといので時間もかかりません・・・
今になって肌のお手入れしっかりしとけばよかったと後悔してます。
まだ間に合うかな~
Posted by ゆずっこ at 2007年09月04日 21:51
☆ゆずっこさん

キレイですかぁ~~( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
ありがとうございます。
が、今は随分違う顔です(* ̄m ̄)プッ

私もお化粧には時間がかかりませんよ。15分くらい?
お手入れはいくつからでも大丈夫。
始めないより始めた方がいいです。

ガッツリは無理だとしても、まずは意識するとちょっとした事が変わってきていつしかそれが大きな差になりますよ。
Posted by miki at 2007年09月04日 23:47
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
そして母の顔に…。
    コメント(7)