2008年03月31日

ネグレクト 私が感じた少女の言葉

真実の記事から少し間があきましたが、私がその時感じた思いを少しここに書きとめようと思います。
(先日の記事『ネグレクト』





『○○ちゃん、まだ生まれていないから解んない』





5歳の少女がそんな言葉を発したと聞いた時、
私はとにかく彼女を抱きしめてあげて欲しいと…そう、思いました。



たった5歳の少女が、たった5年間しか生きていない少女なのに、そのたった5年間は辛い事ばかりで記憶を失って行くという、
ある種障害(と、言ってもいいと思うので)を持っているというのに、
更に、自分はまだ生まれていないと、自分の『生』までも否定してしまうなんて、


あまりにも過酷で惨い現実がそこにあるんだという事が本当に信じられず、とにかくショックを受けました。




誰が見ても可愛いと思えるように、手を差し伸べたくなるように、
お母さん達は寝不足でも、泣きじゃくる赤ちゃんにホトホト参っても、
ニコッと笑う笑顔はそれを吹き飛ばすだけの力を持つように、
赤ちゃんは、大人より顔デカで目が他のパーツより大きくて、『可愛い』と思える造りになっているんです。



それは何が起こっても赤ちゃんが生き延びてい行けるように神様がそう造形したんだと遠い昔に聞きました。


本当にそうだと思いました。




そんな、可愛い、ましてや自分の子供にどうして?
そう、思っても育児放棄をする親は増えているのでしょう。
とても悲しい現実です。



どうして?
そんな風に育児放棄をしてしまうのなら子供を産むという選択をしたの?


そう、思うのは変な事でしょうか?
それとも妊娠した時には、幸せいっぱいだったのでしょうか?
出産後何かがあって放棄してしまうようになったのでしょうか?

だとしたら、私にもその可能性はあるのでしょうか?
そう思って考えてみても、やはり私にはとても想像が付きません。



赤ちゃんを切望している夫婦が子の世の中に沢山いるのに、
一方で親に愛されない子供も居て…。


どうして上手くは行かないのでしょうか?



話を戻して、5歳の彼女の『生まれていないから解らない』という、言葉は最大級のSOSではないのかと私は思うんです。

せめて、周りの大人がそのSOSをちゃんと受け取ってくれれば…。
そして、あなたが生まれてくれてよかった。そう、言ってくれる人が居たら。
先日最終回を迎えた薔薇のない花屋ではないけれど、
5歳の名もなき戦士に微かでも未来に希望を持てるのではないかと、


結局何も出来ない私だけど、ここにこんな事を書いて、実は一番無責任なのかも知れないけれど。
自分の娘にはこんな思いをさせない事と、
もし、名もなき戦士であった時にSOSを解って、そして抱きしめれるようにと、そう心に誓う、そんな考えさせられる言葉でした。


同じカテゴリー(mama life)の記事画像
再会
ただいま~~~
あーちゃん一家がやって来た 前編
おいしさの秘密!
香港のディズニーランドから(ほぼ私信)
Spring has came
同じカテゴリー(mama life)の記事
 年輪 (2009-05-25 00:10)
 再会 (2009-05-13 14:00)
 たまには毒でも吐いてみる (2009-05-11 00:58)
 ただいま~~~ (2009-04-26 09:07)
 あーちゃん一家がやって来た 前編 (2009-04-04 08:28)
 おいしさの秘密! (2009-03-28 07:54)

この記事へのコメント
ネグレクト・・・難しいです
サクラは 高齢者のネグレクトに仕事柄遭遇します。
普通に思うと思います
『どして介護放棄するの?』『親だから介護するの当たり前』

でも これには そうさせた環境が前提にあります。

子供さんのネグレクトとは少し 違うかもしれませんが
そうせざる終えなかった方も中には居るような気がします

なかなかうまくいかない現代ですね・・・ホントに・・・

こんな風に辛い毎日を送ることのない世の中に
なることを望んでいます。。。
Posted by サクラ at 2008年03月31日 22:24
こんにちは

時代の流れって言うか 核家族化してきた現代のおきざりな生活実態
そんな気がします。
子供は生まれてからいろいろな物を目にして 色々な家族の言葉を聞いて
家族の中で生きていく
それをしないで育った人は・・・?
そんな状態で子供を産んでしまったりする。
自己中と言う言葉が横行するなか 親自体が自己中になってきた証拠やと思います。
みんながみんなそうじゃないんだけどねぇ。
自分だけがよければいい!みたいな感じ。
人は一人では生きていけないって言うのは 当り前の事なのに。
それを体で感じて育てなかった人の育児なんじゃないでしょうか?
ながながとすみません。
子供も悲しいけど 自分の子供を愛せない親も かわいそうだな。
Posted by すぅ at 2008年04月01日 12:05
ネグレクトという言葉初めて聞きました。
すごく考えさせられますね。
私もmikiさんの考えと同じSOSを出しているのだと思います。
核家族が増えてから自分の小さい頃と今の現状はすごく違います。
子供がほしくても産めない人もいるのにどうして自分の子供を愛せないんでしょうか?ほしくて産んでるはずなのに・・・
このような子供が増えないことを願いたいものです。

mikiさんもう宮崎に帰ってきてますか?
昨日、あのベビーカー押してる人を見かけたので・・・よくよく考えたらピンクのバックもかけてたなぁ~と思って。人違いかな?
Posted by ゆずっこ at 2008年04月02日 08:31
☆サクラさん

そうか!老人介護にもネグレクトがあるんですよね。
でも、サクラさんもおっしゃるように老人介護の場合、子供のケースとはちょっと事情が違う気がします。

私の母も長年老人介護に携わっていて断片的に話を聞くのですが…、
身から出た錆的な事もあるでしょうし、
子供を産まない選択をした方や、産めない事情があった方はそもそも身内に介護できる人がいないケースもありますし。

色々と難しいですね。
ただ…、子供は何も罪もなくまっさらな状態で生まれてきただけなのに。
そんな風に思ってしまいます。







☆すぅちゃん

確かに、『今』だけを切り取って議論すべきではないかもしれない事ですね。
ネグレクトしてしまう親もまた辛い過去があるのかもしれないし、
とても悲しい連鎖ですね。

自分の子供を愛せない親も可哀想、すぅちゃんのその言葉胸にズシッと来ました。





☆ゆずっこさん

この話をしてくれた専門家の方はSOSとは受け取っていなかったようなのでこの事をここで書いてみました。
はやりSOSなんだと思いますよね?
そう、思う人もいるって事ですよね?
彼女の近くにそのSOSを受信してくれる人が居たらいいなと心から思います。

ところで!!!!!
間違いございません。
おそらく私です。
郵便局に向かった時に見られたのかな?
いや~~、お恥ずかしい(*ノωノ)

後ほどメールしますね。
Posted by mikimiki at 2008年04月02日 15:58
専門家の方はなぜSOSと受け取っていなかったのでしょうか??
それが気になります・・・
どう考えても専門家として見過ごしてはならない反応だと思う
んですよね・・・
虐待をするお母さん自身もものすごく苦しんでいるということ
だけは確かです。虐待の連鎖、なんとか食い止めたいですね・・・
Posted by みはる at 2008年04月02日 19:54
☆みはるちゃん

こちらのコメントお返事遅くなりました(-"-;A ...

そうなんです。何故長年幼児に携わる仕事をしている方がSOSと判断しないのか?ここが疑問だったのでこのブログで取り上げてみました。
ご本人は少女はもちろん親御さんとも面識があるので違う背景がそこにはあるかも知れないのですが…。

どんな背景があるにせよ、強烈な一言ではないかと私は思うのです。
悲しい連鎖は本当にどこかで食い止めたいですね。
少なくとも私は娘にそんな思いはさせたくないと…。
Posted by mikimiki at 2008年04月04日 09:00
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ネグレクト 私が感じた少女の言葉
    コメント(6)