2007年11月05日

母は強し

徐々に、娘とのリズムが出来てきたとは言え、
全く同じ日などなく…。
おっぱいを欲しがるタイミングも、ビービー泣き出すタイミングも相変わらず不定期で。
こうして、PCをたたいているそばから泣き出す事もしばしば。
その度に駆けつけ、オムツを変えたり、おっぱいをあげたり、あやしたり…。
ぶつ切りで記事を書いています(6 ̄  ̄)ポリポリ


それは、皆さんのブログに遊びに行っている時も同じで。
読んでる傍からビービーとお呼びがかかるので、
今じゃ誰のブログを何処まで読んだかさっぱり解からなくなる状態。


なかなかコメントを残せずすみません。





さて、個人的に書き残しておきたい入院生活。
もし興味があればお付き合い下さい。



私の入院した市立の総合病院。
規模的に言うと延岡の県病院をちょっぴり大きくした病院。


去年、約1100件の出産があるようなこの辺りでは7割がたの妊婦さんがここで出産する病院。
当然、私も弟もそして従姉妹もここで生まれているし、友達も結構ここで生まれてるそんな地元ではポピュラーな病院。



そんな総合病院で出産する事になった私。
もう、しつこいくらいにここで書き続けてきましたが、本当は助産院で出産したかったんです。
とにかくフリースタイルで、原始的な自然に身を任せるようなお産を。
そして、出産後には母乳で育てる。


主に、この2つが大まかなバースプラン。
バースプランって言っても厳密なものではないし、のりしろたっぷりだし。


そもそも、こんな事考えるようになったのも妊娠してからで、
本当はじゃあ、今まで語ってたのはなんなんだ?って言われそうだけど、
妊娠、出産に全く無知な女だったわけで…。



実はですね、子供が欲しいと言うのは昔らかの希望だったのですが、
それに対する認識が甘かったんですね。
避妊しなければ子どもが出来る。
子供が生まれればおっぱいは出てくる。
そんな認識だったんです。


例えば、妊娠中はお酒を飲めない事は知っていたものの、
授乳中も飲んじゃダメとは知らず…(想像もしなかった!!)


『子供を出産したら、子供を抱きながらお疲れビールビールを飲むんだぁ~~』

真剣にそんな夢を語ってました。


もちろん、産んでもまだ飲めないと知った時のショックと言ったら…。
3ヶ月で断乳してやる~~~
これまた真剣に申しておりました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ



そんな女がある二人の言葉をきっかけに出産に向き合うようになるんですが、
1人は以前も書いた事あるのですが、本当は出産でお世話になるはずだった助産師さんの言葉で

『私は出産のお手伝いをしますね。』

の一言。
これは本当にハンマーで頭を殴られたくらいの衝撃を受けた言葉。
お産って、産婦人科の先生や助産師さんが「ああしろ、こうしろ」と言う指示にしたがって取り上げてもらうもしくは、産ませてもらう
良く分からないけど、そんなイメージだったんですね。
つまり自分が『産む』と言う能動的なイメージより
誰かがやってくれる受動的なイメージが強かった。

そうか、自分が子供を産むんだ!
そう開眼した一言。


もうひとつは、もう20年来の親友ご存知はまぞうで大活躍のこうじぃことこうちゃんの一言。

『あのね、mikiちゃん、子どもが欲しかったら出来る前から妊娠中に心がける食事をすることだよ。』


こうちゃん曰く、人間の体は約2年で細胞が殆ど入れ替わり新しい体になるとの事で、
だから、妊娠前からいい体に作り変えた方が胎児によりいい影響を与える。と言う事なのだ。

なるほど~~。と、さすがに妊娠するまではお酒は止めれなかったものの、
日々の食生活には気をつけるようになったのだ。



と、まあ。
妊娠について徐々に思いを強め、それなりに勉強もして自分なりのバースプランまで持つようになったのだが、
まさかの骨盤位(逆子)で思いっきりフリースタイルで産みたいって言うバースプランが崩れてしまった私。


そこで、せめて母乳だけは!!!
出産前の私はその事で目が血走っていたと思う(* ̄m ̄)プッ



と、言うのも絶対に無理だと思っていた母子同室これが叶う事が発覚。
ただし、部屋数が限定された産科病棟のみ母子同室が可。
出産の多い病院で場合によっては産科病棟に移ることなく同じ階の婦人科病棟から新生児室に通うと言う事もありうる。
しかも、帝王切開の私の場合尿道に管を付け排泄する為立って歩く事が術後2日は出来ず、その間は赤ちゃんのお世話が出来いからとやはり赤ちゃんは新生児室預けとなる。


それは嫌だ~~。
と、どうにか早く同室になるようにと、助産師さんが
『産後、母乳で育てますか?ミルクとか飲ませてもいいですか?』
聞いてきた時に、
『絶対に母乳で、哺乳瓶は使いたくないんです。おっぱいが出なかったらせめてスプーンで飲ませたいです。助産師さんは忙しいでしょうから私がスプーンで飲ませますから(だから早く母子同室にして~~)』


母乳育児がいかに大変な事か、そんな事も知らずに鼻息荒く答えてました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
だいたい、37週と5日で出産した私。
それも羊水が少ない、お腹小さいね、お腹が張りやすい…。
そう言われた私。
蓋を開ければ2920gのビックベイビー。
おっぱいマッサージもおっぱいの指導も受けたらお腹が張ってしまう状態だったので受けることなく。


本を1冊読んだには読んだけれど、あくまでも流し読み程度で(実際に指導を受ける助産師さんの方法と違うといけないから)そんな状態の私のおっぱいから、経験者ならお分かりかとは思いますが、おっぱいなんて出るわけもなく…。

まあ、言ってしまった以上意地でも母乳を出す事になるのですが…。
それはまた改めて書くとして。


とにかく、母子同室を目指し出産前の私は助産師さんにあれこれ画策したのです。


そのお陰か?たまたま出産が少なかったからか(こちらが正しい)出産後すぐ産科病棟に移る事に。
手術室からそのままベッドで母子同室が可の二人部屋に運ばれた私。


よっしゃ~~*≧▼)┛┗(∇≦#
これでずっと一緒は無理でも泣くたびにこの部屋にrinoはやって来る。
とは言え、本当は大変だったんです。



何が?と言いますと。
自分の状態が…。


手術を終え新しい病室に運ばれた私。
半身麻酔が効いている為当然身動きは殆ど出来ない。
動くのは手と顔、そして足の指くらい。


そして何よりお腹が痛い。
それはもううめくほど。
カーテンの向こうに空調の点検に来た業者さんが居るのはわかっているけれど、
『痛い~~~、痛い。』
とうめき声を上げずにはいられなかった。



そもそも、帝王切開の場合、体が出産した事に気が付かず子宮の収縮が遅くなるよって
看護士をしていた従姉妹に聞いていた私。
なら、後腹(子宮の収縮による痛み)もさほど痛くないよね。って思っていたのに。


な、何とΣ(゚д゚|||)
点滴に子宮の収縮剤が、そして子宮にも直接注射で収縮剤を打っていたのだ。
その上、どうやら麻酔はなかなか効かない私なのに、
この収縮剤は効果てきめんなのか、子宮の戻り具合を見に来る助産師さん全員に
『戻りが早いね~~、痛いでしょ?』
そう、驚かれるほどの収縮ッぷり。


この入院中、本当に何より痛かったのがこの『アトバラ』ってやつだった。
結局、痛み止めで難を逃れるのだが、薬が切れるとまた痛い( p_q)


と、まあそんな状態だった私。
しかし、ここからが我ながら凄かった!!


そもそも同じ体勢でまるで床ずれのごとく体が痛かったと言うのもあって、
痛み止めで腹痛を抑えている間、麻酔でしびれる足を動かし膝を立てたり、電動のベッドを利用して体を横に向けたり起こしたりしたのだ。
それを見た助産師さんが驚きながら
『足を動かしたり出来るなんて凄いね!これなら早くおしっこの管が取れるかもね。』
と。それを聞いて俄然やる気の出た私。
つまり管が取れると言う事は、その分早くrinoと同室になれると言う事じゃん(≧∇≦)キャー♪



そして、やってのけましたよ!
手術翌日見事立ち上がり、管を取り、自らの足でトイレに行き用をたしましたよ♪(v^-^v)♪
もちろん予定より1日早く同じ部屋でrinoと過ごす事に。


う~~ん。自分で言うのもなんだけど母は強い。
何とか悲願の母子同室を果たした私。
まるでゴールを果たしたマラソンランナーのような満足感があった。


ただの手術だったらもっともっと病人していただろう私。
でも、お腹を切ったばかりの病人(この場合病人でいいのかな?)だけでなく、母になった私。
のんびり寝ているわけには行かない。
となると、人間ちゃんと動けるものなんですね。

痛むお腹に堪えながらrinoの為に奔走するのだけれど、
今思うとそれがかえって術後の回復を早めた気がする。


さて、随分長くなってしまいました。
今回はこの辺で。

次回は母は強い第二弾。おっぱい編で行きましょう。



今は授乳も上級者?でもこうなるまでには大変だった!!
おっと、授乳中でつからこれ以上はダメでつよ。ってモコちゃんボディーガードですね♪


同じカテゴリー(出産)の記事画像
赤ちゃん
怖がりさん
母は強し おっぱい編
世界一ブサイクなママ
同じカテゴリー(出産)の記事
 赤ちゃん (2008-09-17 23:43)
 怖がりさん (2007-11-13 15:25)
 母は強し おっぱい編 (2007-11-08 23:36)
 世界一ブサイクなママ (2007-11-02 13:50)

この記事へのコメント
凄い!mikiさん! よく頑張りましたね。

私の、お嫁様も、帝王切開でした。

苦しさは、産後まる一日、付き添った私は、理解できます。

夜中、1時間ごとに、寝返りを打たせてと、起こされましたが、

大役を務めた、お嫁様に、喜んでさせて頂きましたよ!

旦那は、子供を産んだ嫁に、二度惚れすると聞きましたが、

まさに、よくやった!! 惚れ直しましたよ!!

オリンピックで、金メダルを取った喜びです。

mikiさんの旦那さんも、きっと、大喜びで、惚れ直していますよ。

おめでとうさんです!!
Posted by 助さん助さん at 2007年11月05日 23:57
後腹、痛い確かに痛いですよね、一人目よりも二人目、三人目と回を重ねるごとに痛みは増すそうです。

帝王切開のOPは、見てるとすごいですものね、敢えて書きませんが。
アメリカとかでは、心臓バイパスOPでも、バンバン動かしますからね、動いた方が回復は早いですよね。でも、mikiさんの思いを見た気がしますよ。

モコちゃん、ママちゃんの警護ご苦労様。
Posted by ゴン at 2007年11月06日 00:36
私も添いチチしながら読ませていただきました(笑)2日間も導尿したままなんですか〜(>_<)私は出産で何が嫌かって、導尿が嫌で(-.-;)
子宮の収縮って、痛いですよね〜。陣痛に耐えていたのが嘘のように、痛〜い痛〜いと言ってました…。あれって2人目3人目になるにつれて、増すらしいですね!体が妊娠したのを覚えていて、収縮が早くなるみたいですよ…。確かに2人目は…。オッパイ飲んでるrinoチャンのちょっとだけ見える頭☆かわいい〜(>_<)新生児チャン抱っこしたくなった!
Posted by やんちゃ盛り at 2007年11月06日 08:07
☆助さん

お願いがあります。
私のだんな様になってぇ~~。
それが無理ならうちのパパにお説教をして下さい( p_q)

そっか、帝王切開でも一日付き添ってもらえば良かった。
そうしたらどれだけ大変だったか解かったかも。
パパったら既に私が地球一周できるくらい元気で元に戻っていると思ってるみたい。

惚れ直すとか、よくやったとかそんなの思っていないものぉ~~





☆ゴンさん

帝王切開…やっぱり凄いですかぁ。
なんとなく想像するんですが、やっぱり凄そうですものね(|||▽|||)

動くのは本当に大切だと思いました。
娘の世話で必死で痛みがわからなかったって言うのも良かったかもです。

後腹は本当に痛かった…縮んで行くのが解かったんですよ。
次はもっと痛いって言うのが辛いですよね。でも、自然分娩で産んだらさすがに子宮に直で注射はないでしょうからまだましかなぁ~~って思ったりするんですが…。






☆やんちゃ盛りさん

うふふ。添い乳しながらですか0(≧∇≦)0
導尿は付けちゃえば痛みもないし、おしっこの感覚も無いので楽って言えば楽かもしれません(* ̄m ̄)プッ
2人目の方が痛いと聞くともう一人と思っても二の足踏みますよね。
でも、忘れちゃうからまた産めちゃうのかな?

rinoも私も必死の授乳姿です(6 ̄  ̄)ポリポリ
Posted by mikimiki at 2007年11月06日 13:01
その市立病院、おそらくうちの従兄弟が勤めているのではないかと
思われます(w わたしも昔救急車で運ばれたことが(w
帝王切開って出産のあとの痛みも大変なんですねー、でも母は
本当に強い!!なぁ・・・
モコちゃんもすっかりボディガードが板についてますね~
Posted by みはる at 2007年11月06日 14:49
ぃやぁ~、さすがに母は強し!!
まさにその通りですね☆
mikiさんがrinoちゃんのためにすごく頑張ってるのが文面を通して伝わりました!!

慣れたら横になって、授乳しながら寝れる日が来ますよ(≧∇≦)
Posted by HideHide at 2007年11月06日 20:23
ほんと母は強しです!
あんな痛い思いをしたのにまた子供がほしくなるのは何ででしょうね?
普通分娩より帝王切開のほうが大変ですね。
導尿とかするんですね。知りませんでした・・・。:゚(。ノω\。)゚・。
rinoちゃん幸せ者ですね(❀ฺ´∀`❀ฺ)ノ
Posted by ゆずっこ at 2007年11月06日 22:09
☆みはるちゃん

あ、そうなんですか?
従兄弟さんが働いてるんだ。
物凄い数のスタッフがあそこで働いていますものね。
しかも救急車で運ばれたとは…あれ?浜松じゃなかったの?

後腹は帝王切開でなくても痛いですよ~~ψ(▼ω▼)ψ
でも、痛がってばかりいられない程赤ちゃんは可愛いです。




☆Hideさん

つたない文面でよく読み取っていただけましてありがとうございます。
母になる者皆それぞれの中で頑張ってるんですよね~。
母は強しとは本当によく言ったものです。

もうすっかり夜は添い寝授乳→爆睡コースです(* ̄m ̄)プッ
でも、どこか緊張するのでしょう。体中が痛いです。




☆ゆずっこさん

どうなんでしょう?私は帝王切開しか経験してないので普通分娩も大変そうだな~って言うのが今回の入院の感想でした。

いずれにせよ、子供を産み落とすとは本当に大変だと言う事ですよね。
そして、また欲しくなっちゃうんでしょうね。
ま、まだ私はいいですが(6 ̄  ̄)ポリポリ
Posted by mikimiki at 2007年11月07日 12:06
☆追記です☆
昔竜洋で母の車で交通事故にあって運ばれたのがその病院でした(w
Posted by みはる at 2007年11月07日 15:47
☆みはるちゃん

なるほど~~。竜洋ならこっちに搬送されるかも。
Posted by mikimiki at 2007年11月08日 13:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
母は強し
    コメント(10)