2007年10月06日

鰻ちらし

久々のご飯もののご紹介です(⌒∇⌒)ルン♪


実は先日の1泊入院の時、売店で何冊か雑誌を買ったんでねすね。
一日くらいテレビ見なくてもいいやッって思って、じゃあこの所買っていないファッション雑誌でも買いますかぁ~~♪
この秋はどんなファッションが流行ってるのかしら?


結婚してから殆どファッション雑誌なんて買っていない私。
洋服もそんなに買っていないしね…。
すっかり世の中の流行から遅れているはず|||(_ _。)
ちょっとお勉強しなきゃねっv(^ー^* )フフ♪




って、思っていたのに。
手に取った雑誌は…。


何故かオレンジページルチェーレ
思いっきり主婦雑誌でした( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


特に創刊号だったルチェーレは『前向きなキッチン』ってタイトルにどうしようもなく惹かれて…。


あ~~、私って本当にお料理とか好きなのね♪結構主婦業にハマッてるのね♪

改めて実感しました。
ちなみにこのルチェーレ!対象年齢は40代。ちょっと私には大人な雑誌。
でも、隅々読んでしまった。
そしてこれが結構面白い。

自分が40代を迎えるときに…そんなことを想像しながら。
うん。歳をどう取るかって事も興味のある事の一つなのね~~。


入院して気が付いた新たな自分の一つでした。





さて、そのルチェーレ!に芳賀文子さん(所ジョージさんの奥様。お料理がとても上手)の鰻と山菜の散らし寿司が紹介されていて、

あ~~、これ美味しそう~~(*´艸`)

そう思っていたら、母が偶然鰻の白焼きを買ってきたので早速作ってみました


『鰻の散らし寿司』





残念ながら、芳賀文子さんの散らし寿司のレシピは載っていなかったので、
以前紹介した『うなぎの混ぜご飯』をアレンジして作りました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


鰻も折角白焼きだったので半分タレに付けて、半分は白焼きのまま鰻の味を味わって。



母と二人で『いただきま~~す(⌒∇⌒)ルン♪』


パクッ


モグモグ



美味しい~~~~♪( ̄▽+ ̄*)

鰻の旬は実はこれからの時期。
土用の丑の日が7月、8月だから夏と思われがちですが、
それはあくまで土用に『う』の付くものを食べると夏を乗り切れるって言う言い伝えに便乗した江戸時代の鰻屋さんの商売上手ってのが真相。


暑い夏は鰻も食欲が落ちて、気温が下がる今頃から食欲が戻り、栄養を蓄え美味しくなるとか。


って、事でここ最近ぐっと気温が下がった浜松で育つ鰻だからかふっくら美味しい鰻ちゃん。
う~~ん。パパがこのブログを見たら…

いいな~、ママちゃん、パパちゃんも食べたいよぉ~~( p_q)

って言いそうだわ~~(* ̄m ̄)プッ



実は今日は母と合作で作り上げたんです。
私すし飯ってまだ作った事がなくて…( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ
作ってみたい、作ってみたいと思いつつ…。なかなかチャレンジに至らなかったんですね。


じゃ、今日作ってみれば…と思うのですが、
実家ではすし飯と言えばコレって言うお取り寄せのすし酢が。





確かにこのすし酢は美味しい。
これ1本ですし飯も、酢の物も簡単に出来ちゃう。
って、事で今日のすし飯は母にお任せする事に。

2合のご飯に対してお酢の割合は…計算機でお酢の量を必死にはじき出した甲斐あって美味しいすし飯でした(o^-')b グッ!

母はこのお酢を職場のみんなとまとめて問屋からお取り寄せしているようなんですが、
見つけちゃいましたv(^ー^* )フフ♪



興味のある方はこちらから購入可です。



久々レシピは続きで





☆鰻ちらし☆


■材料

・鰻白焼き(蒲焼でもOK)
・干ししいたけ
・高野豆腐
・ミョウガ
・キュウリ
・シソの葉
・錦糸玉子
・ゴマ
・すし飯

■作り方

①干ししいたけを水で戻し、戻し汁と酒、みりん、めんつゆで高野豆腐、更に蜂蜜を加えて干ししいたけを煮る。

②キュウリ、ミョウガは輪切りに、シソの葉を細切りにする。

③長めの錦糸玉子、短めの錦糸玉子を作る。

④ホイルに包んで焼きなおした鰻の白焼きを一口大に切り、半分は鰻のタレに漬け込む

⑤すし飯に、ゴマ、①のシイタケ、高野豆腐、②のキュウリ、ミョウガ、シソ、短めの錦糸玉子を混ぜる。

⑥お皿にすし飯を盛り、鰻、長めに切った錦糸玉子、更にミョウガ、シソを散らし出来上がり。


本当に美味しかった~~。
良かったら作ってみて下さい(⌒∇⌒)ルン♪

同じカテゴリー(実家での食卓)の記事画像
ミネストローネ
うに丼
おしるこ
御節
日向夏のグリルチキン
鶏と長芋の中華風肉じゃが
同じカテゴリー(実家での食卓)の記事
 ミネストローネ (2008-03-27 09:08)
 うに丼 (2008-03-23 15:34)
 おしるこ (2008-01-07 08:47)
 御節 (2008-01-04 10:46)
 日向夏のグリルチキン (2007-12-19 12:55)
 鶏と長芋の中華風肉じゃが (2007-12-15 20:50)

この記事へのコメント
土用の丑の日のキャッチコピーを考えたのは、あの発明家「平賀源内」さんです。
なかなか売れない鰻を何とかしてほしいと、知人に頼まれた源内さんが考えたものでそうです。

所さんの奥さんの料理、本とおいしそうですよね、それを所さんが照れも無く褒めているところがまたいいんです。
Posted by ゴン at 2007年10月06日 23:24
☆ゴンさん

詳しい解説ありがとうございます(⌒∇⌒)ルン♪

所さんのご夫婦。
とっても素敵ですよね。
おっしゃる通り、『家のかみさんの料理は美味いんだ』と言う所さん。
素敵だし、奥様も幸せですよね。
しかも、グルメな所さんが言うからより説得力あり!!
Posted by mikimiki at 2007年10月07日 17:19
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
鰻ちらし
    コメント(2)