スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年09月17日

赤ちゃん

このところ、私の周りからにはHappyなお知らせがたくさん届くんです♪
先日は親友が第二子を出産。


一人目はアメリカでの出産だった彼女。
無痛分娩でモニターを見ながら黒人の看護師さんの

『PUSH!PUSH!』

の掛け声にあわせていきんだと。
今回は日本での出産。
果たしてどんなお産だったのかしら?



本当は里帰りを兼ねて会いに行きたかったんだけど、こちらで外せない用事があるので帰れず…。
あ~~、赤ちゃん抱っこしたかったなって思っていたら、



昨日朝、母から電話が入り

『Rちゃんが陣痛来たからYちゃんそっち行ったから。』



って、全く状況の飲み込めない電話が。



Yちゃんとは母の元職場の同僚で私も幼い頃からよく知っている友人。
そしてRちゃんはそのYちゃんの娘さん。


実は実家が近所だったYちゃんの娘Rちゃん。
ビックラしたことに私が嫁いで1年経たない頃川南に嫁いで来たの。



そのRちゃんが第二子出産と言う電話だったんだけど…。


妊娠してたの知らなかったしぃ~~。

慌ててYちゃんと連絡を取りすったもんだで今朝4時過ぎに女の子の赤ちゃんが生まれたって知らせが入り早速赤ちゃんの顔を見に行ってきました。




よそ様のお子様なのでお手手だけ~~~



生まれたてホヤホヤの赤ちゃん。
ちっさい~~い。
可愛い~~い。


生んだその日から個室で同室。
私は帝王切開だった事もあって丸一日以上一緒に居れなかったから、生みたてホヤホヤの赤ちゃんは考えてみたらこんなに長く見てたの初めて。



大仕事を終えたばかりのRちゃん。
実は会うのは本当に久しぶり。10年近くは経っているかしら?
しかも11歳も私より年下で、


RちゃんのママであるYちゃんとはRちゃんが生まれる前からの付き合いだから…。
その、私Rちゃんが生まれたばかりの時に赤ちゃんのRちゃんを見に行っているのよね~~。


なんか凄い!!
そして…自分の歳を感じたわ…。



何の因果か、お互いよもや宮崎に嫁ぐとは夢にも思わなかった私達。と、その親。
おそらく、嫁ぐまで、宮崎の方には本当に申し訳ないが正確な位置さえ知らなかった3人が、
日向にある産婦人科の個室でバリバリ遠州弁まるだしで1時間ほど話し込んでしまった。




それにしても赤ちゃん…小さいなぁ~~。
rinoもこんなに小さかったんだよなぁ~~。


すっかり大きくなって、もにょもにょ動いて、ゴニョゴニョしゃべって、主役の赤ちゃんよりみんなの笑いを誘って注目を浴びていたrino。
来月のお誕生日にと思っていたけど思わず出産した日の写真を見てしまった。


あ~~~、面影がある(って本人だから当たり前!!)。
小さかったわ~~。


見ているうちに自然に涙がこぼれて。



今日もやっぱり時の速さを感じるのでした。  
タグ :子供の成長


Posted by miki at 23:43Comments(0)出産