スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年01月26日

マコちゃんへ

お母さん、私が1人暮らしを始めてから、初めてこんなに長くこの家で生活しましたね。
大変お世話になりました。



思い返せば、9月にこっちに帰ってきた時は私大きなお腹だったんだよね。
今じゃすっかり元に戻ったお腹を触って、本当にこの中にこの子は入ってたの?って思うよ。



手術の日、私が手術室に入ってからrinoと対面するまで1人面会室で待っていた時間は長かったでしょう?
娘の私と新しい命、孫のrino。大丈夫と思っていてもきっと神様に祈っていた姿が…いや、すがっていた姿が目に浮かぶよ。
rinoと対面した時慌てて撮ったビデオからは喜びで少し震えているあなたの声、
ビデオも撮りたい、写真も撮りたい、自分の目でちゃんと孫の顔を見たいッ!!のテンッパッリっぷり。

ビデオも考え物だね、全部記録されてしまうんだもの。
心臓の音が聞こえてくるようなビデオだったよ(* ̄m ̄)プッ



順調に育っているって信じていた1ヶ月検診。
まさかの体重!!生まれた時より300グラム以上も減っているなんて!!
『なんて上品な子なの?』
なんて浮かれてた私達。
今あの頃の写真を見ると骸骨のようなrino。

あれから1ヶ月くらい本当に大変だったね。

お母さん、私はあの時あなたが居なかったら乗り切れなかったんじゃないかな。

rinoの顔に乳児湿疹が出来た時、アトピーになるんじゃないかとパニックになった私。
その日以来、食事のスタイルを変えた私。
お歳暮のお菓子やお土産のプリン、私の目に入らないように一生懸命隠してくれたね。まッ、机の上から下に隠してすっかり忘れてるのには笑えたけど。

食べたいもを食べられずイライラしたり、初めての子育て…思い通りに行かなくてあたなに随分当たったね。
まぁ、私があなたに八つ当たりするのは今に始まった事ではないけどさ(6 ̄  ̄)ポリポリ


rinoが生まれて3ヶ月。
いろんな事があったけれど、心配だった股関節脱臼も克服して今ではお顔もふっくら、にこにこ笑顔が可愛くて、よく笑っておしゃべりも上手でな今のrinoになったね。





お母さん、もうすぐ還暦なのに肩を痛めても、腕を痛めてもへばっている私の代わりに泣きじゃくるrinoを抱っこしてくれたね。
腰が痛いのに、私がお湯に長く浸かるのは赤ちゃんの肌には良くないと言ってから、2ヶ月も中腰の姿勢でrinoをお風呂に入れてくれたね。
足を引きずる程痛めているのに一度も『痛い』と言わずに、本当に何から何までしてくれて

本当に本当にありがとう。


rinoを生んだ事があなたへの最高の親孝行だよ。と私は言ったけど、これからはあなたが愛してやまないrinoをちゃんと育てていく事がこれからの親孝行だと、そう思っているよ。



お母さん、あなたが私とけんちゃんにしてくれたように、私は娘を愛して、そして信じて、
あなたが私達を育ててくれたように、私も娘を育てていくね。

誰もが見れるブログで決意表明してんだから。頑張るね。




宮崎に戻ったらちゃんとWebカメラを買いますね。
ここでもrinoの事書きますね。
楽しみにて居て下さいね。



マコちゃんが80歳でrinoは二十歳だ。
ちゃんとrinoの振袖姿見てよね。
私があなたの着物を着て成人式に出たように、rinoにも私が着たその着物を着てもらうんだから。でも…rinoは大きくなりすぎて丈も裄も足りなくて直せないかもだけど( ̄ω ̄;)ハハハ



とりあえず、また3月にはお世話になりますが、
今日まで本当にお世話になりました。
ありがとう。




最後に、1人になって随分静かな家になって寂しいと思うけど、ご飯はちゃんと食べてね。
1人だと食事は面倒だけどさ。
ご飯、4合分炊いて冷凍しといたから。

あと、勉強頑張ってね。
私とrinoが居る時は全然勉強出来なかったものね。
17日だっけ?宿題の期限は。間に合わせてね。



じゃ、家に着いたら電話します。  


Posted by miki at 07:59Comments(9)Mother’s