スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年09月23日

鶏肉じゃが

栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて』と言う本をご存知でしょうか?

92年に出版された本なんですが、思うに…栗原はるみと言う料理研究家を一躍有名にした本ではないかしら?と思う本です。


いやぁ~~、本当はもっと前からメジャーだったのかも知れないですが(6 ̄  ̄)ポリポリ 少なくとも私が彼女を知るきっかけとなった本です

なぜそう思うかと言えば…。


このタイトルに尽きるんですよね。
失礼ながら、本の内容は他の料理本とそれほど革新的に違いがあるとは思えない。
だた、『ごちそうさまが、ききたくて』と言う、フレーズが毎日食事の支度をする者の心理を的確にとらえている。

そう思うんです。






今日は夕方からお友達の結婚式に出席するパパちゃん。
(今頃ビールビールで乾杯しているのかしら?)
ペロペロに酔ったパパとは話したくないので、
お昼前に電話したんですね。


で、今日は日曜日ながら母が仕事に出かけてる(これが一笑いあったのでいつか書きましょう)事を告げると

『お昼ご飯とかどうしてるの?』とパパが。


ま、まさかパパに食事の心配をされるとは(6 ̄  ̄)ポリポリ


『マコちゃんが居る時はお昼もチャチャっと作るんだけど、1人だとどうしてもあるもので済ませがちだね。』

『あ~~、俺が言うのもなんだけど、1人だとどうしても面倒だよね。』って、誰かが居たら作るんかぁ~~。お料理一切出来ないくせに(|||」`□´)」ガオー


と、お料理しないパパちゃんでも理解を示す1人飯の手抜き加減。
先日母とも話していたんだけれど、家はパパがお昼も帰ってくるからお昼ご飯をちゃんと作るんだよね。
だから、私もちゃんとした物をお昼に食べているんだよね。


基本1人暮らしの母。
職場で栄養士が献立を立てたお昼を食べているのが唯一まともな食事って事もしょっちゅうあるそうで、今仕事から帰ってきて暖かいご飯が出来ている事が何より嬉しい事なんだそう。



やっぱり、誰かに『ごちそうまっ。美味しかったよ』って言われたくて、その言葉を聞きたくて、台所に立っちゃうよな~~。
それが一番、嬉しいものね。


1人飯を食べる度、本のタイトルに唸ってしまいます。




さて、そんな『ごちそうさま』が聞けた昨日の夕飯のおかず


『鶏肉じゃが』





以前肉じゃがの肉は『牛』か『豚』かと議論を巻き起こした私ですが…【詳しくはこちら

今回は鶏肉で作っちゃいました(6 ̄  ̄)ポリポリ
えぇ、お察しの通りでごせえやす。
鶏肉しか無かったんですよ、家に( ̄ω ̄;)ハハハ


『ごめ~~ん。肉じゃがなんだけど、鶏肉で作っちゃった』そう言うと、母が

『肉じゃが…別に肉の指定は無いからいいじゃん、鶏肉でもさ。』


あ、愛してるぜ!!母ちゃん。


食べて見たら意外と鶏肉もいいんじゃないアップ
あっさりヘルシーな肉じゃがになりました。


9時ごろ、マコちゃんのダーリンも我が家にやって来て、栗ご飯と肉じゃが、サラダと味噌汁。デザートのレアヨーグルトムース(いつものレアヨーグルトをムースにアレンジ、大量にあった巨峰も入れて)をペロリとたいらげ

『ごちそうさん、mikiちゃん美味かったよ。』

笑顔で帰っていきました。

やっぱり、『ごちそうさま』っていい言葉だね♪



ムースにしたので口当たりまろやかぁ~~

  


Posted by miki at 17:06Comments(9)実家での食卓