スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年08月11日

日向夏のグリルチキン

今日は、午前中パンを捏ねたりしたからか…。
午後はちょっとバテ気味だったようで(-"-;A ...


パパに『ママ顔色悪いから上で寝てたら?』言われるままに、お言葉に甘えて、昼寝を。

気が付けばもうスグ6時時計
今日は簡単な物で済ませて、明日の夜用にチキンを仕込んで…。
ちょっとボーっとした頭でそんな事を考えながらお米を研いでいたんですが、



アッΣ(゚д゚|||)!!



明日はオンバックに行くんだった。
急遽予定変更、明日に回そうとしていたチキンを今日やっつける事に。



『日向夏のグリルチキン』





一晩じっくり漬け込んでから焼くつもりだったけど、こんな時に強い見方の真空容器(o^-')b グッ!

ご存知ブラウンマルチクイック。


材料入れてグーィーンと空気を抜けば普通のタッパーじゃ一晩かかるところを30分くらいでグングンお肉に味が染み込むから本当に大助かり♪(v^-^v)♪



実は、数日前母、マコちゃんからクレームがあったんです。
『マコちゃんシリーズさ、簡単な物ばかりでなくもうちょっと豪華なもの紹介してよフンッ


えっとぉ、例えば?何かあったかしら?

『骨付きチキンとかさぁ~~、クリスマスとかで作ったじゃない。』

うん。美味しかったね。じゃあレシピは?

『だから、骨付きのモモ肉を、生姜とぉ、ニンニクとぉ、玉ネギとぉ、ほらお醤油とか砂糖とかで漬け込んで…あとさ、あれとか、それとか入れてさぁ~~。』


いや、だから…あれとかそれとかじゃ…レシピになら無いじゃん┐( -"-)┌ 


と、いう事で結局『マコちゃんの』と言う冠は今回は付かず。
悪いね、マコちゃん(* ̄m ̄)プッ


今回は、以前宮崎空港で買った日向夏のピューレを使ったので『マコちゃんの』の冠を押しのけて『日向夏の』が採用されました♪(v^-^v)♪



今日は急遽決まったメニューの為…




なんか無償に食べたくなって珍しく買った冷凍シュウマイも食卓に。
後は定番の具沢山味噌汁と雑穀米、サラダ。


まあ、慌てて作った割にはどうにか形になったかなぁ~~(-"-;A ...
昨日、妊婦検診でちょっと太りすぎと注意されたので、チキンは2個。後はパパに。

それでも、結構おなかが一杯になりました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ


日向夏のグリルチキンのレシピは続きで



  続きを読む


Posted by miki at 23:30Comments(6)我が家の食卓

2007年08月11日

コクの肉じゃが

今日はお盆休み前の最後の出勤日のパパちゃん。
土曜日は半ドンなんです。家の事務所。


元々土曜日は帰りが遅いのね。2時とか、3時とか(めったに無いけど)
なので、お昼時のこの時間でも比較的のんびり過ごせます。
今も、パンをコネ終えて、恐怖の1次醗酵中にブログの更新。


さて、反響の大きかった『焼きコロッケ』追加でレシピを公開しましたが、そこにもチラッと書いたように、中身のジャガイモちゃんの半分は前々日くらいに作った肉じゃがの残りでした。


以前に『肉じゃが』公開済み【こちら】ですが、今回はちょっとコクのある肉じゃがを作ったので改めて。
読み返してみたら前回もその後コロッケ作ってるし(-"-;A ...


『コクの肉じゃが』






基本は変わらないのですが、ちょっと濃い目に味付けをして最後にバターを落とし全体に馴染ませます。お醤油を薄口醤油使っているのであまり見た目は濃い色ではありませんが(-"-;A ...

普通のお醤油よりも、薄口醤油は見た目とと裏腹に塩分は多いです。

バターを入れることによってコクと風味が増すの。
煮込む時も御出汁を使わず、お酒か水だけで煮込みます。
(前回の肉じゃがは御出汁で煮てたのに…書いてないね~~゛(6 ̄  ̄)ポリポリ)


若干洋テイストな肉じゃが。なので彩にはパセリを散らして♪


お肉は相変わらず豚こまちゃんでしたが、この肉じゃがの場合ブロック肉を厚めに切って使ってもOKOKコクが更に倍増、食べ応えもあるし夏向きの肉じゃがになるでしょう。育ち盛りのお子さんにも喜ばれるよね♪


もちろん、以前も書きましたが、肉じゃがの肉は『豚』か『牛』かで別れるところ。
ただ、今回のレシピに限っては豚さんの方がバターとの相性がいいのではないかな~~と。全体的にまとまるお味になるのではないかと思います♪(v^-^v)♪


バターでコクのホクホク肉じゃが。お試しあれ(o^-')b グッ!
  


Posted by miki at 12:27Comments(9)我が家の食卓

2007年08月11日

不思議な体

週末が始ります。
いえ、お盆休みが始ります。

天気予報では宮崎は日曜日からお天気マークが続きます晴れ
と、いう事は…。


恐怖の晴天の休日が続くわけで|||(_ _。)


『ママちゃん、いいお天気だよ、どうする?どこ行く?』

が、始る訳で…。


どうしよう…_| ̄|○



この前の日曜日。
この日も快晴の日曜日。


実は、朝からちょっとパパちゃんと喧嘩したんですね。
そんで、パパちゃんはゴルフの打ちっぱなしにゴルフ

当然、と言うかさすがにこの日は『どこか行こう』と、言わないと思っていたのに!!


『ママちゃん、いい天気だし散歩でも行こうか?近くの海とか、公園とか。モコもお外行きたそうだよ。』


仲直りも兼ねてのお誘いだったのでしょうが、いまいちそんな気にもなれず、お腹も張り気味だったので『ママはいいから、パパモコと一緒にどこか行っておいでよ。』と、そんな会話が何度かあって、ガンとして譲らなかった私に諦めたパパ。

『じゃあ、モーちゃんとお散歩行ってくる。』

と、とぼとぼ出て行きました。当然、車でどこか公園か、海にでも行くのかと思いきや、車の前を通り越し、家の近所をぐるりと一回り。
一人ではパパ、寂しくて遠くに行けないみたいなのです。

そんなパパがちょっと可愛くて、お散歩から帰ってきたパパに

『お風呂でも入りに行こうか』



ちょっと前置きが長かったのですが、そんな訳で近所の温泉に行く事に。

あえて名前は伏せますが、なかなかお気に入りの温泉でちょくちょく行く場所。
その日は日曜の午後という事もあってか、大繁盛の上に子供がいっぱい。
当然、私が入るのは女湯ですから、ママに連れられたオチビちゃんが多いのです。


髪と体を洗い、まず室内風呂に。
そして、露天風呂に移ると、そこに小さな女の子とお母さんが。

私のお腹を見て『何ヶ月ですか?』と気さくに話しかけてくるお母さん。
『もうスグ8ヶ月です。』と答えると
『お腹に赤ちゃんがいるんだって。』と、自分の娘に話しかけるお母さん。

どうやら、赤ちゃんが大好きと言う娘ちゃん。私のお腹が気になるも、恥ずかしくて私に話しかけれない。お母さんの腕を掴んでモジモジ。

すると、その会話を聞いていた別の女の子が
『お腹に赤ちゃんがいるの?』興味深深に聞いてくる。
『そうだよ。お腹に赤ちゃんがいるんだよ。』
そう、答えると、人懐っこいその子は私のお腹に手を伸ばしさわり始める。

『お腹が硬いね、どうして硬いの?』赤ちゃんの居るお腹が不思議でたまらないっと言った様子でそっと私のお腹を触りながら聞いてくる。

『赤ちゃんがね、お腹の中で袋に入ってて、その袋の中にはお風呂みたいにお水が入っているから硬いんだよ』難しいかな?と思いつつ出来るだけ嘘の無い様に答える。

『ふ~~ん、赤ちゃんのお部屋があるんだね』解っているのか、どうなのか。そんな風に言いながら、今度は私の胸を人差し指でツンっとつつく。その触り方が、なんとなくいけない事なんだけど、気になって、気になって触っちゃった。みたいな触り方でちょっと笑える。

『おっぱいも大きいね』慌てて、まるで言い訳のように言う女の子。

『そうだね、赤ちゃんの飲むおっぱいが沢山出るようにおっぱいも大きくなるんだね』

ここまでジロジロとマジマジと体を見られるのは正直初めて。
ちょっと戸惑いつつも、この不思議な体に興味を示す女の子との会話は続く。

そのうち、お腹に耳を当て始める女の子。
『赤ちゃんが元気ですよ?って言ってる?』女の子に聞いてみると、

『赤ちゃん、元気ですか?』と声をかける女の子。




後ろの方で、恥ずかしがり家の母娘がちょっと羨ましそうにこちらを見ながら露天風呂から出て行き、人懐っこい女の子とその子の妹と思われるもう一人の女の子が残る。

その後も、お腹を触ったり、耳を当てたり、おっぱいを持ち上げたり…。
やられ放題な私じゃん|||(_ _。)
飽きる事無く、『どうして』を繰り返しながら私の横を離れない。



たぶん、5歳か6歳くらいと思われる女の子。
女の子はやっぱりちょっと大人びているな~~。こんなにお腹の中の赤ちゃんに興味があるなんて。
そんなに小さい頃から、やっぱり女の子はお嫁さんに憧れて、ママになる事に憧れるんだな~~って。
なんとなく、気持ちが解るだけにちょっとのぼせるまで付き合ってしまった(*´艸`)





咲夢が初めて胴体を書いた絵。それまでは顔から手足が伸びてたんだって。
mikiちゃんのウエディング姿を見て書きました。やっぱり女の子だね~~。






お陰で待ち合わせ場所で、待ちぼうけのパパはいい気分で寝てたりして。
『ごめんね~、実はね』と、さっきまでの出来事を話そうとすると、突然『アッ』と言って立ち止まるパパ。
視線の先に目をやると、さっきの恥ずかしがりやの女の子のお母さんが…驚いた顔をしつつ指を刺しつつこちらを見ている。
思わず会釈すると、


パパが『あれ、同級生』と。



前々から思っていたけど、日向って狭いよね。しょっちゅうパパのお友達とすれ違う。
私の地元もそれほど大きくないけれど、まずめったに同級生とかすれ違わないんだけど…。
今回は高校の時の同級生。それも卒業以来とか。

そんなパパの同級生と、パパが再会する前に裸の付き合いしちまった~~(|||▽|||)
帰りの車の中では当然、この話で盛り上がりました(´▽`人)