スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2007年06月19日

抹茶のロールケーキ

一日遅れの父の日のプレゼントに焼いた抹茶のロールケーキ





給料日前だし…。
この先入用だし…。
ケーキだけでお茶を濁してしまった(-"-;A ...


でも、心を込めて作りました。
お義父さんのお口に合うといいのだけれど。


今回は、お義父さんへのプレゼントだったので、
スポンジは抹茶で、中にヨーグルトクリームと栗の甘露煮を。



カットした端と端をパパと食べました( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ



こうして義父にケーキを焼きながら、
ふと、もう一人の父(実父)を想いました。


自由を求めて旅立った父。
今頃元気なのでしょうか?


今、とある南の島に居るはずの父。
ちょっと色々あって1年以上連絡を取っていないのですが…。


旅立った1週間後、その国でクーデダーが起こり(失敗に終った)
2ヵ月後、ウイルス性の髄膜炎にかかり生死をさ迷い、
翌よく年、網膜剥離をわずらい短い期間に何度も手術を繰り返した父。


『俺の事は何も心配するな。俺は一人で生きていける。』

と豪語して、日本を去った割には、心配をかけてばかりの父だった。


家族と言う物におそらく執着の無い彼は、
残された人の気持ちはきっと理解の出来ない人間なので、
腹を立て縁を切ってみたりして、
本当に連絡を絶っているのだが、


不思議と、最近は怒りも寂しさも無く。
ただ、やはり親子と言う物は絆と言う物が存在するのか、
どこかで元気だろうと悟り、心が安定する。


確実に、彼のと言うか父の存在が自分の中にあることを感じるんだな~。
無茶苦茶なところがある父だったが、
彼を心から愛していた母はとんでもなく泣かされた事もあったが、
おそらく、いまだに自分に孫が生まれようとしていることさえ知らない父だが、

きっとそんな事はどうでもいいことのような気にさせられる、
そんな父に、日本からこっそりありがとうを思いながらちょっと渋い抹茶のロールケーキを焼いたのでした。  


Posted by miki at 13:40Comments(6)お菓子作り